モテる方法

ブスだけど同僚にモテたい!社内で男性ファンを増やす4つのコツ

投稿日:

仕事にも、同僚にも誠実なこと

友人や仕事の人間関係である程度長い付き合いをする人となると、ブスか美人かという外見よりも、極端でバレバレな嘘をついたりおおげさに話を盛ったりしないというような、最低限の人と付き合っていけるレベルの誠実さを持っていることが大切だと思います。具体的に言うと、誰に対しても公平・公正な態度で接することができるレベルの人格が必要かなと思います。相手やその日の気分によって態度を意図的にころころと変えたり、機嫌の良し悪しにあまりにも起伏がある姿を見てしまうと、何となくこの人は裏表のある人なんだな、近寄りがたいなと思い、勝手に幻滅してしまいます。また、昼休憩などで集団で食事を摂って談笑をしているときに、人の悪口や噂話を表立って吹聴するような方もあまり好ましくないです。そういった成果的なブスは大人になると矯正できないので、どこに行っても本当に最悪だと思いますし、同じ空間にいるのも苦痛に感じるときもあります。

しんどい時でも笑顔でいること

どれだけ自分のいる場面や状況が面白くなくても辛くても、なるべく友人・お客様・同僚の前で笑顔でいられるレベルの人は魅力的だと思います。しかし、いつでもそうしているとストレスが溜まってしまい、心身が参ってしまうと思うので、ときどきはそうででなくてもいいと思います。完璧に笑ってやり過ごせるというよりも、元気のないときに、たまに友人や同僚に愚痴や不満などを零してくれる人の方が人間味があってかえって親近感が湧きます。また、そういう人こそ、大変なときには応援したくなるし、何か力になれることがあったら協力してあげたいと思われやすいのではないかと思います。レベルというよりも加減という感じではありますが、適度に笑顔を見せることができて、強さと弱さを人に見せることができて、素直に自分を出していけるような人が良いと思います。そういう人には自然と支えてくれる人や協力者がいつでも傍にいるように思うことが何度かありました。

ブスでもプラス思考!

外見そのものは元来持ってうまれたものなので、よほどコンプレックスを抱えていて整形手術を受けるなどいたことをしない限りは変えることが難しいと思います。しかし、その点はプラス思考を持つことで変えていけると思います。自分にないものをどうすれば補正したり改善したりできるか考えて生きている人は魅力的です。例えば、太っているから食生活を変えたり運動するなどダイエットをするなどでもよいし、普段地味な色の服が多いから明るい色のものを身につけて気分を変えてもよいし、髪型を切ったり伸ばしたりパーマをかけるなどして印象をかえるなど、なんだって良いと思います。とにかく自分がブスだという劣等感に囚われすぎずに、そんなものは自分でいくらでも変えていけると思えるくらいの気持ちで、常により良い自分を目指して向上心を持てる人が良いと思います。努力しはじめたときは、外野がとやかく言ってくるかも知れませんが。無視して聞き流せるくらいの強さが必要だと思います。

生きがいや自分にしかないものを持つこと

何か特技や趣味を持っていてそれに打ち込むことができたり、この知識・経験なら他の誰にも負けないと思えるようなものがあると、嫌なことや辛いことがあっても充実した充実した生活を送れるし、勉強や仕事などでこの分野・業務なら誰にも負けないというものがあれば、外見というハンデを取り除きやすいように思います。結局のところ、どれだけ綺麗で美人でも、それが見せかけだけの作り物の美しさであるか、そうでないのかは時間と共に多かれ少なかれ周囲の人間に分かってしまうものだと思います。そのため、ブスであるということにそこまで囚われる必要はないと思います。それよりも、自分がやりたいこと、自分がしたいことに積極的に取り組むことができることの方が大大事なように思います。また、ある程度の自尊心を持って人生を楽しく前向きに生きて、周囲の人に感謝の気持ちを忘れずに持って、自分のことや周囲の人を尊重して日常生活を送れることが大切だと思います。

-モテる方法

Copyright© モテブス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.