ブスの婚活

30代のバツイチのリアルな婚活事情|相手が求める4つの事

投稿日:

料理が最低限は出来ること

料理は人の胃袋を掴むと聞いたことがあります。完璧な料理でなくても今はスーパーで野菜だけ揃えれば作れる材料もあるし、カレーとかはパッケージを見れば大体は作れるものが多くなってます。頑張って作った物を美味しそうに食べてる顔を見ると自分自身も嬉しい気持ちになります!包丁を使うのが苦手であればカット野菜や冷凍の野菜、魚はスーパーで言えばカットしてもらえるので難しい事はする必要ない!今ではインターネットが日常生活には欠かせない毎日な中、料理のレシピを投稿してるサイトも沢山あるのでそれを見ながら作れば失敗はないと思います。そのサイトを見て実際に作った記事なども載っているので心配する必要はない!火を使いたく無ければ電子レンジでできる料理もあります!自分個人の意見ですが、最低お味噌汁は作れて欲しいと思います!凝った料理は慣れてきてから、料理をするのが楽しいとか面白いとか少しでも興味を持ってからでもいいかと、まずは家庭一般でお味噌汁は必ずと言ってもいいほど作るものであると思うので、そこは作れたら相手も嬉しいかな。

言葉のコミュニケーションがちゃんと円滑にできること

結婚するにあたって一緒に生活をしていくんだから言葉のコミュニケーションは大事。
朝から夜と長い時間の中で仕事によって帰宅時間が合わないにしても毎日出来ないであれば言える時は言ってほしい
時間が合わなくておはようは言えなかったけどおやすみは言おうとか、夜勤で帰るのが朝になるならおやすみ分も含めたおはよう、行ってきますを言うとかどこかで欠けた部分を補ってほしい。
後は1日何か報告をしあいたい(情報共有)
例えば仕事でいい事があった、失敗した、ランチで行ったお店が良かったから今度行こうとか、テレビ番組をみてグルメや温泉とか何か気になった事など些細な事を話すことによって二人の距離も近くなると思います。
1番いいのは同じ空間で話し合うってことがベストではあるのですが、それが厳しいって時はメールなどで簡単に伝えて詳しい事は家に帰ってから話すねとか言えば相手もそれに興味を持てたり出来ると思います。
上記のことが出来ないなという方は言葉は何にしても1日1回は相手と会話をする!だと思います

共働きで頑張って欲しい

今では、共働きである夫婦が少なくない。専業主婦を悪いとは思わないしそれも凄い仕事であると思う。しかし専業主婦であると外での人との関わりが減り、外では今何が起きてるのか等を把握しづらいと思う。自分も働くことによって自分に使えるお金、家にいれるお金、貯金など使える幅も広がっていく為将来子供ができた時などにも無理なく準備をできたり金銭的に困るという事が起こりづらくなると思います。生きていく中で人は知らぬ間にどこかにストレスを溜め込む人も多いと思うのでそれの発散をするにも少し奮発して自分の為に使ったりする事で家庭でストレスを発散するという事が減っていくと思うので喧嘩に繋がらないようになるかなと思います。
仕事に関してはフルで働けー!というわけでなく、週に2回とかそれ以上でもいいし、とりあえず働いてては欲しいなと思う。外で働くことによって自分と相手はどこが違うんだろう、この人のいい部分は自分にはないからお手本にして自分もそうなれるように頑張ろうって気持ちになると思います。

掃除をちゃんと毎日する事

掃除は生活していく中で必要なので、出来てほしい。
洗い物、お風呂掃除、トイレ掃除、洗濯、ゴミ出し等全てできたら完璧ですが、どれか一つ二つでもできる人であれば分担制とかできるので生活しやすいかなとおもいます。
簡単な掃除用具や面白い掃除用具も沢山売ってあるので、苦手な方でも楽しく遊び感覚ですることも出来ると思うのでいいかと思います。
部屋が綺麗であると気持ちもリフレッシュされるので体にも心にも良いと思う!
毎日が厳しいという方は1ヶ月に1回はハウスクリーニングを使おうとかすればストレスを溜めることなくできる
汚い箇所を掃除してその汚れが取れた時はスッキリすると思う!
掃除が出来ないと一緒に生活はできないなと思ってしまう!
仮に自分が先に亡くなってしまった時に何も出来ない状態のまま残された時を考えたりすると、一緒にいるうちに少しでもできるようになって欲しい。
自分の為でもあり相手の為でもあることだと思います。

-ブスの婚活

Copyright© モテブス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.