ブスの婚活

50代の未婚からの婚活|結婚に求められる条件とは?

投稿日:

気持ちのおだやかな人

この年齢で結婚を考えると、おそらく相手の人もそこそこの年齢だと思います。その年齢まで実家暮らしをしていたとは、思えません。となると自宅を維持することは、生活の一部となっているかと思うので、それ以外のことが気になります。例えば、掃除、洗濯、食事とありましたら、どれが自分にとってやりやすいかを決めたらいいと思います。

特に仕事をしている夫婦ならば、帰りが遅くなることもあれば、食事をして帰ることもあるでしょう。そういう時には、きっちりと分けてということではなくて、帰って来ているひとがそれなりに、手があいていたらするぐらいの感じでいいのではないでしょうか。そしてお休みの日などに、一緒に買い物に行った時にでもいろいろ話をすればいいと思います。基本的に、50代になっていれば、もうとっくに自分のスタイルは出来上がっています。もしかしたらそれを相手に合わせることが大変になって来るかもしれません。ですから、違うことを思った時に、いきなり考えをぶつけ合うということのないようにおだやかな人がいいと思います。

自分よりも考え方が深い人

時々、仕事の失敗などで落ち込みます。どうしていいかわからない時に、ちょっとしたアドバイスをくれる人がいいと思います。と言うことは、会社でもいろいろな状況を経験してきているうからできると思うからです。年齢的に考えて、これから子供がいて一緒に家族を作り上げているということはないと思います。

そうなると1対1の間柄になるわけで、自分の意見をしっかりと受け止めてる人となるのではないでしょうか?例えば、すぐ目の前にやって来る両親の介護の問題など、どちらの親が先に介護が必要になるかはわかりません。でもどちらの親も平等に携わることができるようにするには、どうしても相手の考えの理解の深さが大きなポイントではないでしょうか?なんとか、みんながうまくやって行けるように考えてくれる、問題が起きたらそのままにしておかない、解決策を導いてくれる人が相手に求める人になると思います。結婚は、本人たちのことでもありますが、この年齢になると二人だけでということにはならないのでは。

気持ちの上でいつもアクティブな人

なかなか、アウトドアや旅行など、趣味がある人はそのまま趣味を満喫できますが、それ以外でインドアで今まで過ごして来た人にとって、どこかにでかけて美味しい物を食べたり、キレイな景色を見に旅行にでかけてみたいと思っても、そのことにどうも気のりがしないような人もいます。その人にはその人の考え方があり、趣味があり、それはいいと思います。でも結婚したのなら、できるだけ一緒にいろいろなところにいったりしてみたいですよね。

その時に「友達と行ってきたら」とかいわれてしまったら、もう行くのをためらってしまいます。今日は疲れたから、でかけないでぼーっとしてよう。というのは体力的にもありますし、家で映画を見ようというのもあります。でも長い休日などに、どこにもいきたくないということになると、これではどうして一緒に住んでいるのか根本的な部分がわからなくなってくると思います。50代に入っても結婚に踏み切ったのは、一緒にこの先を生きたいからです。

お金にきちんとしている人

ずっと働いていたわけなので、ある程度の貯金はお互いに持ち合わせていると思います。結婚するまでの貯金は、それぞれの財産ですから、ここは関係のないことですが、その先の生活になったら、個人的にはお金は一緒にしてそこから全部やり取りをしたいと思います。なのでキッチリと家計を管理できる人でかつぎしぎしに締め付けない人がいいと思います。相手がどのくらいお金があるとか、年収がどのくらいとかなかなかデリケートな部分で分かりにくい物です。

なので、最初からオープンにしてしまったほうが、相手にへんな疑いがないと思います。また結婚という形ではあるけれどパートナーという意識で暮らすのであれば、そこは、二人ともが独立した会計でいいのではと思います。ここまで自分でお金の管理もしてきたわけですし、若い新婚さんの感覚とは全く違います。ですから、かっこよく言えば独立した大人の関係で相手と一緒に暮らしているということになるかもしれません。

-ブスの婚活

Copyright© モテブス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.